【エックスサーバー】独自ドメインプレゼントキャンペーン実施中!《9月26日(木)18:00まで》

Windowsのプロダクトキーがわからない時の確認方法

Windowsのプロダクトキーがわからないときの調べ方


プロダクトキーはパソコンの背面に貼られているシールなどに記載されていますが、剥がして捨ててしまったり、紛失してしまったりして、必要なときに「プロダクトキーがわからない!」なんてこと、ありますよね。

そこで今回は、Windowsのプロダクトキーがわからないときの確認方法をいくつかご紹介します。

プロダクトキーとプロダクトIDの違い

「プロダクトキー」と名前が似たものに「プロダクトID」というものがあります。

もしこの二つを混同してしまっていたら、まずその違いを理解し、自分の知りたいものがどちらなのかをはっきりさせておきましょう。

プロダクトキー ソフトをインストールする際に使用するもの。OSの再インストール時などに使う。
プロダクトID 製品を識別する際に使用するもの。パソコンに関する問い合わせをする時などに使う。

もし知りたいのが「プロダクトID」であれば、以下の手順で確認することができます。

プロダクトIDの確認方法

「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」をクリックします。

コントロールパネル

「システム」をクリックします。

システムとセキュリティ

下の方にプロダクトIDが表示されていますので、確認してください。

システム


プロダクトキーの確認方法1)コマンドプロンプトを使う

Windows8/8.1/10の場合は、「コマンドプロンプト」を使ってプロダクトキーを調べることができます。

[Windows]キーを押しながら[X]キーを押し、「コマンドプロンプト」をクリックします。

コマンドプロンプトに以下を入力して[Enter]キーを押します。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

すると、以下の画像のようにプロダクトキーが表示されます。

コマンドプロンプト

プロダクトキーの確認方法2)PowerShellを使う

Windows7の場合は、「PowerShell」を使ってプロダクトキーを調べることができます。

スタート>すべてのプログラム>アクセサリ>Windows PowerShell>Windows PowerShellの順にクリックし、PowerShellを起動します。

PowerShellに以下を入力して[Enter]キーを押します。

powershell “(Get-WmiObject -query ‘select * from SoftwareLicensingService’).OA3xOriginalProductKey”

すると、以下の画像のようにプロダクトキーが表示されます。

PowerShell

プロダクトキーの確認方法3)フリーソフトを使う

フリーソフトを使ってプロダクトキーを調べることもできます。「Magical Jelly Bean Keyfinder」や「Windows Product Key Viewer」などが有名ですが、今回はインストール不要で使い方もシンプルな「ProduKey」をご紹介します。このソフトはWindows98/XP/Vista/7/8/8.1/10など、多くのOSに対応しています。

ProduKeyのダウンロードページ
ProduKeyのダウンロードページ


http://www.nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html

上記ページをスクロールすると、下の方にダウンロードリンクがあります。64bitのパソコンをお使いの場合は、「Download ProduKey for x64」をダウンロードしましょう。

ProduKeyのダウンロードページ

日本語化して使いたい場合は、日本語の言語ファイルもダウンロードしておきます。

ProduKeyのダウンロードページ

ProduKeyと言語ファイルを解凍し、「ProduKey.exe」が入っているフォルダに「ProduKey_lng.ini」を入れます。

「produkey_japanese」フォルダと「produkey-x64」フォルダ

あとは、ProduKey.exeを起動するだけでプロダクトキーが表示されます。

ProduKeyの操作画面

プロダクトキーはテキスト形式で保存しておくこともできますし、コピーして好きなところに貼り付けることもできます。

テキスト形式で保存
保存したい項目を選択⇒「ファイル」をクリック⇒「選択したアイテムを保存」を選択

ProduKeyの操作画面

プロダクトキーをコピー
保存したい項目を選択⇒「編集」をクリック⇒「プロダクトキーをコピー」を選択

ProduKeyの操作画面

使用しなくなったらProduKey.exeの入っているフォルダごと削除すればOKです。

おわりに

プロダクトキーがわからなくても、このようにパソコンを操作して簡単に調べることができます。

一番はパソコン購入時にしっかりプロダクトキーを控えておくことですが、記載されているシールを捨ててわからなくなってしまった場合などは、焦らずに今回ご紹介した方法で調べてみてください。

それでは!