この色のセルは何個?Excelで色のついたセルの数をカウントする

Microsoft Office

この色のセルは何個?Excelで色のついたセルの数をカウントする

Excelで色のついたセルをカウントすることができたら、「ガンチャートから工数を自動計算する」といったようなことができるので便利です。

Excelには色をカウントする関数はありませんが、ユーザー定義関数を作れば簡単にカウントできるようになります。今回は、Excelで色のついたセルをカウントする方法について解説します。

STEP1 ユーザー定義関数を作る

Excelファイルを開き、[Alt]+[F11]でVBEを起動します。VBEは「開発」タブの「Visual Basic」をクリックでも起動しますが、ショートカットキーを使う方が簡単なので覚えておきましょう。

VBEを起動したら、「挿入」メニューをクリックして「標準モジュール」を選択し、立ち上がったウィンドウに以下のコードを入力します。

VBE

参考:
塗りつぶし色の付いたセルを数える。[Excel] Day After Day

STEP2 数を表示したいセルに数式を入力する

VBEを最小化してExcelの操作画面に戻りましょう。カウントを表示したいセルを選択し、数式「=CountColorA(対象範囲)」を入力します。「対象範囲」には、カウントするセル範囲を入力してください。

Excelの操作画面

スポンサーリンク

色つきセルの数を変更した場合は、[F9]を押せばカウントが更新されます。上記画像の例で言うと、赤いセルを7個から4個に変えた場合、それだけではN1は「7」のままですが、[F9]を押せば「4」になります。うまく更新されない場合は、数式のうしろに「+NOW( )*0」を付け、「=CountColorA(対象範囲)+NOW( )*0」としてから[F9]を押してみてください。

STEP3 マクロ有効形式で保存する

マクロ(ユーザー定義関数)を使っているので、マクロ有効形式でファイルを保存しましょう。保存する際、ファイル形式のリストから「Excelマクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択してください。

Excelの操作画面

おわりに

VBEの標準モジュールにコードを入力し、カウントを表示したいセルに数式を入力すれば、それだけで色のついたセルがカウントされるようになります。作業的には1分もかからないでしょう。色つきセルをカウントできれば、最初に述べた通り、ガンチャートから工数を導き出すことなども可能になります。是非いろんな場面で活用してみてください。

以上、Excelで色のついたセルをカウントする方法についてでした。

スポンサーリンク

関連記事

  1. Excelで行の色を交互に変える方法

    Microsoft Office

    Excelで行の色を交互に変える方法

    何行にも渡る大きな表を作成するときは、行の色を交互に変えることをおすす…

  2. Excel 特定のセルをロックして編集できないようにする方法

    Microsoft Office

    Excel 特定のセルをロックして編集できないようにする方法

    Excelで間違って見出しセルや計算式が入っているセルを編集してしまっ…

  3. Excelのセルの内容を別シートに反映させる方法

    Microsoft Office

    Excelのセルの内容を別シートに反映させる方法

    Excelのセルに入力した内容を別シートの指定セルに反映させれば、同じ…

  4. Excelでプルダウンリストを作る方法

    Microsoft Office

    Excelでプルダウンリストを作る方法

    Excelで書類を作っていると、「ここは選択方式にしたいな」と思う部分…

  5. Wordで表紙と目次にページ番号を入れない方法

    Microsoft Office

    Wordで表紙と目次にページ番号を入れない方法

    Wordの文書にページ番号を入れる必要があるとき、普通に入れようとする…

  6. Word 既定のフォントを変更・固定する方法

    Microsoft Office

    Word 既定のフォントを変更・固定する方法

    Wordでは、既定のフォントに「MS明朝」か「游明朝」が設定されていま…

PAGE TOP