【エックスサーバー】独自ドメイン無料キャンペーン実施中!《2019年11月29日(金)18:00まで》

Photoshopにパターンを登録する方法

Photoshopにパターンを登録する方法


ダウンロードしたパターン素材をPhotoshopに登録したいけど、その方法がわからない……。

せっかくPhotoshopを持っているんです。デフォルトのパターンだけじゃなく、いろんなパターンを追加して使えるようにしたいですよね。でも、Photoshop初心者さんはパターンの登録方法がわからずに困っているのではないでしょうか。

ということで、今回はPhotoshopにパターンを登録する方法を解説していきます。

PNG形式やJPEG形式のファイルをパターン登録する方法

ダウンロードしたファイルをPhotoshopにドラッグ&ドロップします。

デスクトップ画面とPhotoshopの操作画面

「編集」メニューの中から「パターンを定義」を選択してください。

Photoshopの操作画面

好きなパターン名を入力し、「OK」をクリックすれば登録完了です。

「パターン名」ダイアログ

パターンが使えるようになっているか確認してみましょう。

大きめのサイズでファイルを新規作成してください。ツールパネルから「塗りつぶしツール」をクリック⇒オプションバーの左にあるプルダウンリストから「パターン」を選択します。

Photoshopの操作画面

「塗りつぶしツール」がない?
「塗りつぶしツール」が見当たらないときは、「グラデーションツール」にカーソルを合わせて右クリックしてください。そうすると「塗りつぶしツール」に変更できます。
Photoshopの操作画面

下の画像の赤枠の部分をクリックしてください。

Photoshopの操作画面

新しく登録したパターンが表示されていますね。

Photoshopの操作画面

パターンを選択し、キャンバスをクリックするとパターンが敷き詰められます。

Photoshopの操作画面

Photoshopの操作画面


PAT形式のファイルをパターン登録する方法

PAT形式のファイルを登録するのはもっと簡単で、ダウンロードしたPAT形式のファイルをPhotoshopにドラッグ&ドロップするだけです。

デスクトップ画面とPhotoshopの操作画面

PAT形式で読み込んだパターンが追加されています。

Photoshopの操作画面

登録したパターンをPAT形式で保存する方法

登録したパターンはPATファイルとして保存しておきましょう。

Photoshopを初期化したとき、PNG形式やJPEG形式でパターンを登録していた場合は、またひとつひとつ「パターンの定義」で登録していかなければなりません。その点、PATファイルはドラッグ&ドロップするだけで登録できるので作業時間を短縮できます。

パターン一覧を表示⇒一覧の横にある右向き三角マークをクリック⇒「パターンを保存」を選択してください。

Photoshopの操作画面

好きなファイル名を入力し、「保存」をクリックすれば完了です。

「保存」ダイアログ

なお、保存されるのはパターン一覧に表示されているものすべてです。デフォルトの二つが必要なければ、これらを削除してから保存しましょう。削除はパターン上で右クリック⇒「パターンの削除」から行えます。

Photoshopの操作画面

PATファイルは任意の場所に保存できます。デフォルトの保存場所については「Photoshopで作成したパターンの保存先はどこ?」をご覧ください。

おわりに

今回はPhotoshopにパターンを登録する方法をご紹介しました。

PNG形式やJPEG形式のファイル、PAT形式のファイル、どちらも簡単に登録することができます。登録が完了したあとはPAT形式で保存しておきましょう。そうすることでPhotoshopを初期化したときなどに簡単にパターンを再登録できます。