Excelで行の色を交互に変える方法

Microsoft Office

Excelで行の色を交互に変える方法

何行にも渡る大きな表を作成するときは、行の色を交互に変えることをおすすめします。交互に変えるのと変えないのとではデータの見やすさが全然違いますよ!

ということで今回は、Excelで行の色を交互に変える方法について解説します。

行の色を交互に変える方法

色を交互に変えたい範囲を選択⇒「ホーム」タブをクリック⇒「条件付き書式」をクリック⇒「新しいルール」をクリックします。

Excelの操作画面

「新しい書式ルール」ダイアログが表示されたら、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択⇒入力欄に以下のどちらかの数式を貼り付け⇒「書式」をクリックします。

「新しい書式ルール」ダイアログ

偶数行に色を付けたい場合
=MOD(ROW(),2)=0

奇数行に色を付けたい場合
=MOD(ROW(),2)=1

※上記の数式の意味については後述します。

「セルの書式設定」ダイアログが表示されたら、「塗りつぶし」タブをクリック⇒背景色を選択⇒「OK」をクリックして閉じます。

「セルの書式設定」ダイアログ

「新しい書式ルール」ダイアログも「OK」をクリックして閉じます。

「新しい書式ルール」ダイアログ

以上の作業が完了すると、選択範囲の行の色が、以下のように交互に変わります。

スポンサーリンク

偶数行に色付けた場合
Excelの操作画面

奇数行に色を付けた場合
Excelの操作画面

行の挿入や削除を行っても色がズレることはありません。

Excelの操作画面

Excelの操作画面

数式について

数式に使用した「ROW関数」と「MOD関数」について簡単に説明しますね。

ROW関数とMOD関数の説明

ROW関数
参照したセルの行番号を返す関数です。「=ROW(セル番地)」「=ROW()」などの形式で使用します。「=ROW(A1)」だと、返る値は「1」となります。「=ROW()」だと、その数式を入力したセルの行番号が返ります。

MOD関数
割り算の余りを返す関数です。「=MOD(被除数,除数)」の形式で使用します。「=MOD(4,2)」だと、4÷2=2余り0なので、返る値は「0」となります。

おわりに

以上、Excelで行の色を交互に変える方法についてでした。

行の色を交互に変えたいときは、範囲を選択し、条件付き書式で数式と色を設定するだけ。とても簡単なので、是非覚えておきましょう。

それでは!

スポンサーリンク

関連記事

  1. CSVファイルが文字化けして読めないときの対処法

    Microsoft Office

    CSVファイルが文字化けして読めないときの対処法

    データをCSV形式でダウンロードすると、文字化けしていて読めないという…

  2. Word・Excelから作成者の名前を削除する方法

    Microsoft Office

    Word・Excelから作成者の名前を削除する方法

    WordやExcelで作ったファイルを誰かに渡したりネット上で公開した…

  3. Wordで表紙と目次にページ番号を入れない方法

    Microsoft Office

    Wordで表紙と目次にページ番号を入れない方法

    Wordの文書にページ番号を入れる必要があるとき、普通に入れようとする…

  4. Excelで四捨五入!小数点第一位などを四捨五入する方法

    Microsoft Office

    Excelで四捨五入!小数点第一位などを四捨五入する方法

    Excelで数値データを扱っていると、「この数値は小数点以下を四捨五入…

  5. Excel 文字数カウント方法 半角は0.5文字とする方法や文字数制限の方法も

    Microsoft Office

    Excel 文字数カウント方法 半角は0.5文字とする方法や文字数制限の方法も

    今回は、「Excelのセルに入力した文字数をカウントしたい」という方に…

  6. Excel 特定のセルをロックして編集できないようにする方法

    Microsoft Office

    Excel 特定のセルをロックして編集できないようにする方法

    Excelで間違って見出しセルや計算式が入っているセルを編集してしまっ…

PAGE TOP