【エックスサーバー】独自ドメインプレゼントキャンペーン実施中!《9月26日(木)18:00まで》

WordPressのプラグインをインストールする3つの方法

Wordpressのプラグインをインストールする3つの方法


WordPressにはさまざまなプラグインがあります。「記事に目次を表示する」「カテゴリーの順番を並べ替える」「コンタクトフォームを設置する」などといった、とある目的を叶えるためにWordPressの機能を拡張するツールがプラグインです。

WordPressのプラグインをインストールする方法は3つあります。今回はその方法を解説していきます。

管理画面から検索してインストールする

WordPress公式サイトに登録されているプラグインを利用したい場合は、管理画面からプラグイン名を検索してインストールします。

WordPress管理画面の左メニューにある「プラグイン」にカーソルを合わせ、「新規追加」を選択します。

WordPressダッシュボード

検索バーにインストールしたいプラグイン名を入力して[Enter]キーを押すと検索にヒットしたプラグインが表示されるので、この中から対象プラグインの「今すぐインストール」をクリックします。

WordPressダッシュボードのプラグイン新規追加画面

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックします。

WordPressダッシュボードのプラグイン新規追加画面

「プラグインを有効化しました」と表示されたら作業完了です。

WordPressダッシュボードのインストール済みプラグイン画面


管理画面からZIPファイルをアップロードする

WordPress公式サイトに登録されていないプラグインを利用したい場合などは、配布サイトからダウンロードしたZIPファイルをアップロードします。

配布サイトにアクセスし、ZIPファイルをダウンロードします。WordPress管理画面の左メニューにある「プラグイン」にカーソルを合わせ、「新規追加」を選択します。

「プラグインのアップロード」をクリックします。

WordPressダッシュボードのプラグイン新規追加画面

「参照」をクリック⇒ダウンロードしたZIPファイルを選択⇒「今すぐインストール」をクリックします。

WordPressダッシュボードのプラグイン新規追加画面

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックします。「プラグインを有効化しました」と表示されたら作業完了です。

FTPソフトを使ってフォルダをアップロードする

ローカルで編集したプラグインや自作プラグインを利用したい場合などは、FTPソフトを使ってプラグインフォルダをアップロードします。

FTPソフトを起動し、ローカル側でアップロードしたいプラグインフォルダの保存場所、サーバー側で「plugins」フォルダを開きます。エックスサーバーを利用している場合、「plugins」は「public_html」>「wp-content」の中にあります。

プラグインフォルダをアップロードします。FTPソフト「FileZilla」の場合は、ローカル側のプラグインフォルダをサーバー側にドラッグ&ドロップすることでアップロードできます。

FileZillaの操作画面

WordPress管理画面でプラグインを有効化します。管理画面の左メニューにある「プラグイン」にカーソルを合わせ、「インストール済みプラグイン」を選択します。

WordPressダッシュボード

アップロードしたプラグインの「有効化」をクリックします。

WordPressダッシュボードのインストール済みプラグイン画面

「プラグインを有効化しました」と表示されたら作業完了です。

おわりに

以上、WordPressのプラグインをインストールする方法についてでした。

プラグインはとても便利なツールです。プログラミングのことがよくわからなくても目的に合ったプラグインをインストールすれば簡単にやりたいことができてしまうので、ついついあれもこれもと入れたくなってしまいます。ですが、インストールしすぎるとサイトが重くなって表示速度が遅くなったりします。表示速度はSEOにも関わるので、導入する前に本当に必要なプラグインかどうかをしっかり見極め、あまり入れ過ぎないよう気を付けましょう。

それでは!