Wordpressの記事にアドセンスを表示するプラグイン「WP QUADS」の使い方

WordPress

WordPressの記事にアドセンスを表示するプラグイン「WP QUADS」の使い方

今回は、WordPressの記事にアドセンスを表示するプラグイン「WP QUADS」をご紹介したいと思います。

私は今までずっと「Quick AdSense」を好んで使っていたのですが、アドセンスコード入力欄に日本語を入力すると文字化けが起こってしまってファイルを修正しなくてはならない点や、プラグインの更新が何年も止まっている点が気になっていて、「同じような機能でなにか他に良いプラグインはないかなあ」と探していました。そこで見つけたのがWP QUADSです。まさに私にぴったりのプラグインでした。

それでは早速、WP QUADSについて解説していきます。

WP QUADSとは?

WP QUADSとは、記事内やウィジェットに広告を表示するというWordPressプラグインです。正式名称は「Google AdSense Integration WP QUADS」とちょっと長め。

  • 「Quick AdSense」の後継プラグインで機能や操作方法がほぼ同じ。
  • 広告コード入力欄に日本語があっても文字化けしない。
  • 広告コード・表示位置・表示対象の設定を行うだけで過去記事・新規記事に自動で広告が表示される。
  • あらかじめ用意されているショートコードを利用して好きな箇所に広告を表示することもできる。

このような特徴があります。

WP QUADSのインストール

ダッシュボードのプラグイン新規追加画面を開き、検索バーに「WP QUADS」と入力して検索⇒該当プラグインをインストールします。

WordPressダッシュボードのプラグイン新規追加画面

または、https://ja.wordpress.org/plugins/quick-adsense-reloaded/にアクセスしてZIPファイルをダウンロード⇒アップロードします。

WP QUADSのダウンロードページ

インストールが完了したら有効化してください。

WordPressダッシュボードのインストール済みプラグイン画面

WP QUADSの設定画面

インストールを有効化すると自動的にWP QUADSの設定画面に移動します。設定画面へは、ダッシュボードの左メニューに新たに追加された「WP QUADS」をクリックすることでも移動できます。

WordPressダッシュボード

主に設定するのは、「General」タブの「General Settings」「AdSense Code」「Widgets Code」の3箇所です。

General Settings

WP QUADSの設定画面

Adsence
1ページあたりの広告数の上限を設定します。アドセンスのコンテンツ向け広告ユニットを表示できるのは1ページに3個までなので、ここはデフォルトのままでOKす。
Position
広告の表示位置を設定します。広告を表示したい位置にチェックを付けます。
Visibility
広告を表示するページを設定します。Posts(投稿ページ)、Pages(固定ページ)、Homepage(トップページ)、Categories(カテゴリーページ)、Archives(アーカイブページ)、Tags(タグページ)から広告を表示したいページにチェックを付けます。
Quicktags
クイックタグの表示・非表示を設定します。広告を自動挿入にする場合は関係ないのでデフォルトのままでOKです。ショートコードを使って好きな位置に広告を表示したい場合は、「Show Quicktag Buttons on the HTML Edit Post SubPanel」にチェックを付けましょう。テキストエディタにショートコードのクイックタグが追加されるので、ショートコードの挿入がワンクリックで行えます。

AdSense Code

WP QUADSの設定画面

記事内に表示したい広告コードを10個まで登録できます。「スポンサーリンク」「広告」といったラベルも一緒に登録しておけます。

Widgets Code

WP QUADSの設定画面

ウィジェットに表示したい広告コードを10個まで登録できます。

WP QUADSの使い方

記事内に自動で広告を表示する

記事内に自動で広告を表示させたい場合は、以下の手順に沿って設定を行ってください。表示位置を「記事中央」「記事下部」、表示対象を「投稿ページ」にする場合でご説明します。

「General Settings」を開き、画像の赤枠部分にチェックを付けます。表示位置のプルダウンリストからそれぞれ「ad1」「ad2」を選択します。

スポンサーリンク

WP QUADSの設定画面

「AdSense Code」を開き、記事中央に表示したい広告コードを「Ad1」に、記事下部に表示したい広告コードを「Ad2」に入力します。それぞれ横位置を中央にするため、Alignmentのプルダウンリストから「center」を選択しました。

WP QUADSの設定画面

表示結果
テストサイト

記事内の好きな位置に広告を表示する

記事内の好きな位置に広告を表示させたい場合は、以下の手順に沿って設定を行ってください。「Ad1」に入力した広告コードを「投稿ページ」に表示する場合でご説明します。

「General Settings」を開き、画像の赤枠部分にチェックを付けます。

WP QUADSの設定画面

「AdSense Code」を開き、「Ad1」に広告コードを入力します。横位置を中央にするため、Alignmentのプルダウンリストから「center」を選択しました。

WP QUADSの設定画面

記事投稿画面に移動します。テキストエディタになっていることを確認してください。広告を表示したい場所をクリック⇒クイックタグ「Ads1」をクリックし、ショートコード「<!–Ads1–>」を挿入します。

WordPressの記事投稿画面

表示結果
テストサイト

ウィジェットに広告を表示する

ウィジェットに広告を表示させたい場合は、以下の手順に沿って設定を行ってください。「Adwidget1」に入力した広告コードを「サイドバー」に表示する場合でご説明します。

「Widgets Code」を開き、「Adwidget1」に広告コードを入力します。

WP QUADSの設定画面

ウィジェット画面に移動し、「利用できるウィジェット」に表示されている「AdsWidget1(Quick Adsense Reloaded)」を、「サイドバー」にドラッグ&ドロップします。

WordPressダッシュボードのウィジェット画面

表示結果
テストサイト

おわりに

プラグイン「WP QUADS」を使うと、簡単に記事内にアドセンスを表示することができます。広告コード・表示位置・表示対象を設定するだけで自動的にアドセンスが表示されるので、好きな位置にアドセンスを表示する場合以外は、記事作成時に「ショートコードを挿入する」といった作業をしなくてすみます。「Quick AdSense」とほとんど同じなので、当該プラグインを利用している方は乗り換えても違和感なく使えるでしょう。

以上、WordPressの記事内にアドセンスを表示するプラグイン「WP QUADS」についてでした。

スポンサーリンク

関連記事

  1. Wordpressのプラグインをインストールする3つの方法

    WordPress

    WordPressのプラグインをインストールする3つの方法

    WordPressにはさまざまなプラグインがあります。「記事に目次を表…

  2. WordPressの記事に文字としてHTMLタグを表示させる方法

    WordPress

    WordPressの記事に文字としてHTMLタグを表示させる方法

    WordPressの記事内でHTMLタグをそのまま表示させたいときって…

  3. WordPress 記事内でコードを綺麗に表示するプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」の使い方

    WordPress

    WordPress 記事内でコードを綺麗に表示するプラグイン「Crayon Syntax Highl…

    記事内でソースコードを書きたいとき、WordPressプラグイン「Cr…

  4. 日本国内のWordPress無料テーマまとめ12選

    WordPress

    日本国内のWordPress無料テーマまとめ12選

    Wordpressテーマを自分で作成するには、さまざまな知識が必要です…

  5. WordPressの「未分類」カテゴリーを非表示にする方法

    WordPress

    WordPressの「未分類」カテゴリーを非表示にする方法

    今回は、WordpPressの「未分類」カテゴリーを非表示にする方法に…

  6. Wordpressのローカル環境(テスト環境)を 構築する

    WordPress

    WordPressのローカル環境(テスト環境)を 構築する

    WordPressのテーマをカスタマイズしたいなと思ったり、新しいプラ…

PAGE TOP