ダミーテキスト&ダミー画像を簡単に作成できるWebサービスまとめ

ダミーテキスト&ダミー画像を簡単に作成できるWebサービスまとめ


デザイン確認時などに使うダミーテキストやダミー画像は、自分で作成するとなると結構な手間です。必要なときは自動生成してくれるWebサービスを利用しましょう。

今回は、ダミーテキストやダミー画像を作成してくれる便利なWebサービスをご紹介します。

ダミーテキスト

すぐ使えるダミーテキスト

すぐ使えるダミーテキスト
http://lipsum.sugutsukaeru.jp/
元テキストに似た無意味な文章を生成してくれます。パラグラフごとの文の数やパラグラフ間の空行の有無など、細かい設定が可能です。

ダミーテキストジェネレータ

ダミーテキストジェネレータ
http://webtools.dounokouno.com/dummytext/
文字数を指定すると、プルダウンリストから選択したダミーテキストが指定した文字数分ボックスに表示されます。

青空文庫

青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/
著作権の切れた作品や、著者が許諾した作品を公開している電子図書館です。著作権の切れた作品については自由に利用することができるので、ダミーテキストとしても利用できます。

なんちゃって個人情報

なんちゃって個人情報
http://kazina.com/dummy/index.html
名前、メールアドレス、性別、電話番号など、ダミーの個人情報を生成してくれます。

擬似個人情報データ生成サービス

擬似個人情報データ生成サービス
http://hogehoge.tk/personal/
こちらもダミーの個人情報を生成してくれるサービスです。こちらは住所のダミーデータも生成してくれます。

Lorem Ipsum

Lorem Ipsum
http://www.lipsum.com/
欧米でよく使われている「Lorem Ipsum……」から始まるダミーテキストを、指定したパラグラフ数やワード数で生成してくれます。

HTML-Ipsum

HTML-Ipsum
http://html-ipsum.com/
HTMLタグ付きのLorem Ipsumをコピーできるサイトです。短いパラグラフ、長いパラグラフ、リスト、見出しなどがあります。

Dummy Text Generator

Dummy Text Generator
http://www.blindtextgenerator.com/lorem-ipsum
Lorem Ipsum含む10種類のダミーテキストを、パラグラフ数やワード数に応じて生成してくれます。Dummy HTML snippets for webdesignersでは、HTML-Ipsumと同様にHTMLタグ付きのテキストを生成することができます。


ダミー画像

User Inter Faces

User Inter Faces
http://uifaces.com/
アバター画像の一覧を生成してくれるサービスです。個々の画像のサイズ、スペース、角丸などの設定ができます。

Placehold.jp

Placehold.jp
http://placehold.jp/
シンプルなダミー画像を生成してくれます。プリセットも用意されていてとても親切。

<img src="http://placehold.jp/幅x高さ.png">
<img src="http://placehold.jp/650x350.png">

上記のようにコードを書くと、以下のような画像が表示されます。

幅や高さのほか、背景色、文字色、文字サイズ、ファイルフォーマット、テキスト内容も設定できます。国産のサービスなのでわかりやすいです。

placekitten

placekitten
http://placekitten.com/
猫のダミー画像を生成してくれます。

/* カラー */
<img src="http://placekitten.com/幅/高さ" />
/* モノクロ */
<img src="http://placekitten.com/g/幅/高さ" />
<img src="http://placekitten.com/650/350" />

上記のようにコードを書くと、以下のような画像が表示されます。

lorempixel

lorempixel
http://lorempixel.com/
12のカテゴリーの中から生成するダミー画像を選ぶことができます。

/* カラー */
<img src="http://lorempixel.com/幅/高さ/カテゴリー名" />
/* モノクロ */
<img src="http://lorempixel.com/g/幅/高さ/カテゴリー名" />
<img src="http://lorempixel.com/650/350/food" />

上記のようにコードを書くと、以下のような画像が表示されます。

PlaceIMG

PlaceIMG
http://placeimg.com/
5つのカテゴリーの中から生成するダミー画像を選ぶことができます。サイズ・カテゴリー・フィルターを設定すると上記ページの上部に画像のURLが表示されるので、それをimgタグに設定します。

<img src="画像URL" />
<img src="http://placeimg.com/650/350/nature/grayscale" />

上記のようにコードを書くと、以下のような画像が表示されます。

Unsplash It

Unsplash It
http://unsplash.it/
CC0の写真素材サイト「Unsplash」の写真を利用したダミー画像生成サービスです。

/* カラー */
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ" />
/* 正方形で表示 */
<img src="https://unsplash.it/一辺の長さ" />
/* 違う画像をランダム表示 */
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ?random" />
/* モノクロ */
<img src="https://unsplash.it/g/幅/高さ" />
/* 決まった画像を表示 */
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ?image=画像番号" />
/* 画像にぼかしをかける */
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ?blur" />
/* 切り取り位置指定 */
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ?gravity=east" />
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ?gravity=west" />
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ?gravity=north" />
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ?gravity=south" />
<img src="https://unsplash.it/幅/高さ?gravity=center" />
<img src="https://unsplash.it/650/350?image=1027" />

上記のようにコードを書くと、以下のような画像が表示されます。

画像番号はhttps://unsplash.it/imagesで調べられます。各パラメータは「&」でつなげることも可能です。

おわりに

いかがでしたか?

体裁を確認したいときすぐに流し込めるダミーテキストやダミー画像があれば作業効率が上がります。こういったダミーのデータは意外と必要になることが多いです。そのときは今回ご紹介したようなサービスを上手に活用していきましょう。