Wordpressのローカル環境(テスト環境)を 構築する

WordPressのローカル環境(テスト環境)を 構築する

WordPressのテーマをカスタマイズしたいなと思ったり、新しいプラグインを使ってみたいなと思ったとき、いきなり本番環境でそれをするのはちょっと危険。特に初心者の場合は、functions.phpの編集失敗や、キャッシュ系プラグインの導入で「画面真っ白現象」を引き起こしちゃったりします(私はどちらも昔やらかしたことがあります……)。

そうならないためにも、WordPressでサイトを構築しようと思ったら、同時にローカル環境も構築しておきましょう。やり方はとても簡単なので、WordPress初心者の方でも大丈夫。今回はその手順について解説していきます。

使用するソフト

WordPressのローカル環境を構築するのによく使われているのは、「XAMPP」「BitNami」「MAMP」などです。ですが、今回使用するのは、「Instant WordPress」というソフトになります。

Instant WordPressでのローカル環境構築は、もう本当にびっくりするくらい簡単です。ダウンロード時間や解凍時間を省くと、5分くらいでできちゃいます。出会ったときは、「こんなに簡単にローカル環境を作れるソフトがあったなんて!」と感動したものです。なんせ、前にBitNamiでローカル環境構築に挑戦したときは(私の知識が浅かったせいもありますが)半日くらいかかりましたから。

Instant WordPressはパソコンの中だけじゃなく、USBや外付けHDDなどに入れて持ち運ぶこともできます。簡単に構築できること、ポータブルで使えることがこのソフトの魅力ですね。

STEP1 Instant WordPressをインストールする

Instant WordPressのダウンロードページにアクセスし、最新版をダウンロードします。

Instant WordPressのダウンロードページ

ダウンロードしたEXEファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。インストール先をCドライブに設定し、「Install」をクリックしてください。

Instant WordPressのインストール画面

あとはインストールが完了するまで待つだけです。待っている間にSTEP2の作業を進めておきましょう。

Instant WordPressのインストール画面

STEP2 Instant WordPressのWordPressと公式WordPressを差し替える

WordPress.orgにアクセスし、最新版のWordPressをダウンロードします。

WordPress.org

ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、中に入っている「wp-config-sample.php」を「wp-config.php」という名前に変更します。

次に、wp-config.phpをテキストエディタで開いて編集します。ここで注意する点が一つ。それは、「Windows標準搭載の『メモ帳』は使わない」ということです。編集したwp-config.phpは「UTF-8」「BOMなし」で保存しなければならないのですが、メモ帳を使うと、保存したとき必ず「BOM付き」になってしまうのです。

BOMについては、以下の記事で詳しく解説しています。

テキストエディタで開いたら、以下の箇所を変更して上書き保存します。

そろそろInstant WordPressのインストールが完了している頃でしょう。Cドライブの「InstantWP_バージョン」を開き、「iwpserver」⇒「htdocs」と進んでいって、中にある「wordpress」と、WordPress.orgからダウンロードした「wordpress」を差し替えてください。Instant WordPressに入っていたwordpressは削除してしまってOKです。

STEP3 使いやすいように設定を変更する

既定のブラウザを変更する

Instant WordPressは、初期設定のままだとIEで開かれます。IE以外のブラウザを使用している方は、ブラウザの設定を変更しましょう。IEを使用されている方はこの作業はとばして構いません。

Cドライブの「InstantWP_バージョン」を開き、「iwpserver」の中の「pms_config.ini」をテキストエディタで開きます。以下の箇所を変更して上書き保存してください。

お使いのパソコンによってブラウザのインストール先は変わります。上記のパスとは限りませんので、ご自分で調べてからそのパスを入力してください。

WordPressを日本語化する

WordPress管理画面はデフォルトだと英語表記になっています。使いづらいので日本語化しましょう。

スポンサーリンク

Cドライブの「InstantWP_バージョン」を開き、「iwpserver.exe」をダブルクリックしてInstant WordPressを起動したら、「WordPress Admin」をクリックします。

Instant WordPressの操作画面

ユーザー名とパスワードを入力してWordPress管理画面にログインします。

WordPressダッシュボードのログイン画面

WordPress管理画面ログイン情報(初期設定)

  • ユーザー名 : admin
  • パスワード : password

ログインしたあとに「Database Update Required」という表示(更新の知らせ)が出たら「Update WordPress Database」をクリックします。

WordPressの更新

表示画面が「Update Complete」に変わったら「Continue」をクリックします。

WordPressの更新

「Settings」にカーソルを合わせ、「General」をクリックします。

WordPressダッシュボード

ページ下部の「Site Language」を「日本語」に設定し、「Save Changes」をクリックしてください。

WordPressダッシュボードの一般設定画面

ローカル環境の構築作業はこれで完了です。お疲れ様でした!

Instant WordPressの使い方

Instant WordPressを立ち上げると以下のような画面が表示されます。それぞれのメニューがどういう意味なのかは説明なしでもなんとなくわかると思いますが、メニューの下にピンクの文字で書いてある通りです。

Instant WordPressの操作画面

基本的にはこの画面からWordPress管理画面にログインして編集するか、自分でディレクトリを開いて直接ファイルを編集します。

WordPress管理画面へログイン・ローカルサイトの確認

Cドライブの「InstantWP_バージョン」を開き、「iwpserver.exe」をダブルクリックして起動します。

管理画面にログインしたいときは「WordPress Admin」をクリックし、ローカルサイトを確認したいときは「WordPress Frontpage」をクリックします。

「テーマディレクトリ”twentyten”がありません」!?
「WordPress Frontpage」をクリックすると、もしかすると以下のようなエラー表示が出るかもしれません。
テーマがないときのエラー表示
でも、焦らなくて大丈夫。「外観」⇒「テーマ」のページに移動し、別のテーマを有効化すれば良いだけです。ちゃんとサイトが見れるようになっていると思いますので、確認してみてください。

FTPクライアントソフトを使ったときのように編集する方法

サイトが真っ白になってWordPressの管理画面にさえログインできなくなってしまったとき、本番環境の場合はFTPクライアントソフトを使って修正しますよね。ローカル環境でそうなったときは、Cドライブの「InstantWP_バージョン」を開いて修正します。

「wp-content」は、「iwpserver」⇒「htdocs」⇒「wordpress」にあります。プラグインやテーマを編集したい場合は、自分でフォルダを探さなくても、Instant WordPressのメニュー「Plugins Folder」「Themes Folder」をクリックすれば「plugins」「themes」が自動的に開きます。

MySQL Adminにログインする方法

MySQL Adminへは、「ユーザ名」の欄に「root」と入力するだけでログインできます。パスワードは空欄のままでOKです。

おわりに

今回は、WordPressのローカル環境を構築する方法について解説しました。テストできる環境があると、実験的なことも気軽に行うことができるのでとても便利です。Instant WordPressを利用したローカル環境の構築は初心者にとっても簡単ですので、是非挑戦してみてください。

それでは!

スポンサーリンク

関連記事

  1. WordPress ウィジェットを条件分岐で表示・非表示にするプラグイン「Widget Logic」の使い方

    WordPress

    WordPress ウィジェットを条件分岐で表示・非表示にするプラグイン「Widget Logic」…

    WordPressのウィジェットを、「スマホから見たときだけ表示させた…

  2. Wordpressのデータを初期化するプラグイン「WordPress Database Reset」の使い方

    WordPress

    WordPressのデータを初期化するプラグイン「WordPress Database Reset」…

    WordPressのデータをリセットしたいと思っても、記事や画像をひと…

  3. Wordpress カテゴリーの順番を並び替えるプラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」の使い方

    WordPress

    WordPress カテゴリーの順番を並び替えるプラグイン「Category Order and T…

    WordPressにはカテゴリーの並べ替え機能が付いていないので、思っ…

  4. Wordpress リビジョンなどの不要データを削除するプラグイン「WP-Optimize」の使い方

    WordPress

    WordPress リビジョンなどの不要データを削除するプラグイン「WP-Optimize」の使い方…

    今回は、リビジョンなどの不要データを一括削除するプラグイン「WP-Op…

  5. 超簡単!WordpressのURLから「category」を消す方法

    WordPress

    超簡単!WordPressのURLから「category」を消す方法

    WordPressのカテゴリーページは、URLが「http://ドメイ…

  6. 日本国内のWordPress無料テーマまとめ12選

    WordPress

    日本国内のWordPress無料テーマまとめ12選

    Wordpressテーマを自分で作成するには、さまざまな知識が必要です…

PAGE TOP