Photoshopで波線や省略記号(省略を表す波線)を描く

Photoshopで波線や省略記号(省略を表す波線)を描く

Photoshopには、始点と終点を決めるだけで直線が引ける「ラインツール」があります。これと同じような感じで波線が引ける「波線ツール」があれば良いのに……と思いますが、残念ながらPhotoshopにそういうツールはありません。

だからと言って、Photoshopで波線が引けないわけではありません。フィルター機能を使えば1分とかからずサクッと波線が引けてしまうのです!

ということで今回は、Photoshopで波線を描く方法や、その方法を応用した省略記号の描き方について解説します。

波線を描く方法

「ラインツール」を選択し、「塗りつぶした領域を作成」で直線を引きます。

Photoshopの操作画面

「フィルター」⇒「変形」⇒「波形」の順にクリックします。種類は「正弦波」、波数・波長(最小)・振幅(最小)はすべて「1」、比率は水平・垂直ともに「100」にします。プレビューを見ながら、波長(最大)と振幅(最大)のスライダーを調整し、「OK」を押して確定してください。

「波形」ダイアログ

波長(最大)を「83」、振幅(最大)を「25」にすると、こんな感じになります。

Photoshopの操作画面

省略記号を描く方法

「長方形ツール」を選択し、「塗りつぶした領域を作成」で太めの長方形を作ります。省略記号なので、描画色は白が良いでしょう。「ラインツール」で太線を引いても良いのですが、長方形ツールの方が直感的に太さを決められるのでおすすめです。線が見づらかったので黒の背景を作りましたが、これは別になくても問題ありません。

スポンサーリンク

Photoshopの操作画面

波形フィルターをかけます。

「波形」ダイアログ

こちらは波長(最大)を「137」と、通常の波線のときより少し大きく設定してみました。振幅(最大)は変わらず「25」です。

Photoshopの操作画面

次に、波線レイヤーをダブルクリックし、レイヤー効果で縁取りをつけます。

Photoshopの操作画面

「境界線」にチェックを付け、位置を「外側」に設定します。サイズとカラーは好みの幅・色に設定してください。決まったら「OK」をクリックします。

「レイヤースタイル」ダイアログ

省略記号が完成しました。

Photoshopの操作画面

おわりに

波線を作りたいときは直線にフィルターをかけ、省略記号を作りたいときは、それプラス縁取りをします。作業時間はかかっても1分程度ですし、アクション登録すればもっと時間を短縮することができますよ!

以上、Photoshopで波線と省略記号を描く方法についてでした。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【SAI】はみ出さないで色を塗る!クリッピング機能の使い方

    画像・映像・音楽

    【SAI】はみ出さないで色を塗る!クリッピング機能の使い方

    活用しないともったいなさ過ぎるSAIの機能の一つ「クリッピング」。この…

  2. 画面の色をスポイト!今見ている色のコードやRGBを素早く取得する

    画像・映像・音楽

    画面の色をスポイト!今見ている色のコードやRGBを素早く取得する

    ネットをしていると、「あ、この配色いい!」と思うWebサイトやイラスト…

  3. Photoshopで作成したパターンの保存先はどこ?

    画像・映像・音楽

    Photoshopで作成したパターンの保存先はどこ?

    Photoshopでパターンを作成したら、ファイルのバックアップをとっ…

  4. Photoshopで画像の一部の色を変える

    画像・映像・音楽

    Photoshopで画像の一部の色を変える

    画像の一部の色を別の色に置き換えるのは実はとても簡単。今回は、Phot…

  5. GuideGuideがインストールできないときに確認する3つのこと

    画像・映像・音楽

    GuideGuideがインストールできないときに確認する3つのこと

    Photoshopユーザーなら是非インストールしておきたいエクステンシ…

  6. 画像を8bitのBMPに変換する3つの方法(高画質&一括で変換する方法も)

    画像・映像・音楽

    画像を8bitのBMPに変換する3つの方法(高画質&一括で変換する方法も)

    PNGやJPEGなどの画像を8bitのBMPに変換する必要があるとき、…

PAGE TOP