Excel 文字数カウント方法 半角は0.5文字とする方法や文字数制限の方法も

Excel 文字数カウント方法 半角は0.5文字とする方法や文字数制限の方法も

今回は、「Excelのセルに入力した文字数をカウントしたい」という方に向けて、Excelでの文字数カウント方法を解説したいと思います。半角を0.5文字とする方法や、文字数制限の方法などについてもあわせて解説します。

以下はExcel2016の場合の説明になります。他のバージョンをお使いの場合は、設定方法が若干異なるかもしれません。

文字数をカウントする方法

セル内の文字数をカウントしたい場合は、「LEN関数」もしくは「LENB関数」を使います。

単一セルの文字数をカウント

例:
全角・半角問わず全て1文字とし、A1の文字数をB1でカウントする。

B1に「=LEN(A1)」と入力します。

Excelの操作画面

例:
半角は0.5文字、全角は1文字とし、A1の文字数をB1でカウントする。

B1に「=LENB(A1)/2」と入力します。

Excelの操作画面

複数セルの文字数をカウント

例:
全角・半角問わず全て1文字とし、A1とA2の文字数をB1でカウントする。

B1に「=SUM(LEN(A1),LEN(A2))」と入力します。

Excelの操作画面

例:
半角は0.5文字、全角は1文字とし、A1とA2の文字数をB1でカウントする。

B1に「=SUM(LENB(A1)/2,LENB(A2)/2)」と入力します。

Excelの操作画面

文字数を制限する方法

設定した文字数以上の入力をできないようにする方法です。

例:
全角・半角問わず全て1文字とし、A1に入力できる文字数は20文字までとする。

A1を選択し、「データ」タブ⇒「データの入力規則」の順にクリックします。

Excelの操作画面

入力値の種類は「文字列(長さ指定)」を選択、データは「次の値以下」を選択、最大値に「20」と入力し、「OK」をクリックします。

「データの入力規則」ダイアログ

こうすると、A1に20文字以上入力して[Enter]を押した場合、エラーメッセージが表示されます。

エラーメッセージ

例:
半角は0.5文字とし、A1に入力できる文字数は20文字までとする。

A1を選択し、「データ」タブ⇒「データの入力規則」の順にクリックします。

入力値の種類で「ユーザー設定」を選択し、数式に「=LENB(A1)<=40」を入力して「OK」をクリックします。

スポンサーリンク

「データの入力規則」ダイアログ

こうすると、A1に全角だけだと20文字まで、半角だけだと40文字(1文字0.5文字とするので実際は20文字とカウントされる)までしか入力できなくなります。

「40」の部分は、制限文字数の2倍の数字を入れましょう。30文字以内にしたい場合は「60」です。

制限を超えた場合に注意を促す方法

とりあえず入力自体は何文字でも可能にして、制限を超えた場合にそれがわかるようにする方法です。この方法をとる場合、前述の「文字数を制限する方法」の設定は不要です。

セルの背景色を変える

例:
A1の文字数をB1でカウントする。20文字を超えた場合にB1の背景を黄色にする。

B1に「=LEN(A1)」か「=LENB(A1)/2」を入力します。

B1を選択し、「ホーム」タブ⇒「条件付き書式」⇒「セルの強調表示ルール」⇒「指定の値より大きい」の順にクリックします。

Excelの操作画面

「20」と入力し、「ユーザー設定の書式」を選択します。

「指定の値より大きい」ダイアログ

「塗りつぶし」タブをクリックし、背景色に黄色を選択します。「OK」をクリックして全てのダイアログを閉じます。

「セルの書式設定」ダイアログ

こうすると、A1に21文字以上入力した場合、B1の背景色が黄色になります。

Excelの操作画面

メッセージを表示する

例:
A1の文字数をB1でカウントする。20文字を超えた場合、C1に赤文字で「20文字以内で入力してください」と表示する。

B1に「=LEN(A1)」か「=LENB(A1)/2」を入力します。

C1に「=IF(B1<=20,””,”20文字以内で入力してください”)」と入力⇒「フォントの色」を「赤」に変更します。

Excelの操作画面

こうすると、A1に21文字以上入力した場合、C1に赤文字で「20文字以内で入力してください」と表示されます。

Excelの操作画面

おわりに

Excelでセル内の文字数をカウントしたいときは、LEN関数かLENB関数を使いましょう。半角を0.5文字としたい場合は、LENB関数を使った式の後ろに「/2」を追加すれば良いだけです。文字数を制限したい場合は、データの入力規則で制限値を設定しましょう。制限をオーバーしたときにセルに色がつくようにしたり、メッセージが表示されるようにしたりすると、制限を超えたことに気付きやすくなるので便利です。

それでは!

スポンサーリンク

関連記事

  1. Excelで一つのセルに数式・関数・文字列を複数入れるには?

    Microsoft Office

    Excelで一つのセルに数式・関数・文字列を複数入れるには?

    Excelでは、一つのセルに複数の数式・関数・文字列を入れることができ…

  2. Word文書の見出しに番号を設定する方法

    Microsoft Office

    Word文書の見出しに番号を設定する方法

    今回は、Word文書の見出しに番号を設定する方法について解説します。…

  3. Word文書のヘッダーに章番号や見出しを表示する方法

    Microsoft Office

    Word文書のヘッダーに章番号や見出しを表示する方法

    Wordでレポートや小説を作成していると、ヘッダー部分に章番号や見出し…

  4. Excelでプルダウンリストを作る方法

    Microsoft Office

    Excelでプルダウンリストを作る方法

    Excelで書類を作っていると、「ここは選択方式にしたいな」と思う部分…

  5. Word・Excelから作成者の名前を削除する方法

    Microsoft Office

    Word・Excelから作成者の名前を削除する方法

    WordやExcelで作ったファイルを誰かに渡したりネット上で公開した…

  6. Excelで四捨五入!小数点第一位などを四捨五入する方法

    Microsoft Office

    Excelで四捨五入!小数点第一位などを四捨五入する方法

    Excelで数値データを扱っていると、「この数値は小数点以下を四捨五入…

PAGE TOP